ヴァンベールでもエステ体験終了後に「コースの勧誘」を受けたという口コミが多くあり、

状況によって勧誘される場合があります。

お試しで来たのに、即日で勧誘されるとあまり気分は良く感じない方は多いと思います。

ハッキリ断れたらよいのですが、なかなかハッキリは断りにくいのが現状だと思います。

そのため、断れないとうまく話を進められてしまう場合もあります。

体験コースの場合には、お得な価格で施術を受けられる場合がほとんどですが、

それは、サロン側としては、実際に通うか決めてもらいたいという意図があるからです。

サロンもコースに入会してもらはないと、商売になりませんので勧誘を行っています。

もちろん、エステ側も営業トークを勉強していて、

「こう言われたらこう言う」というマニュアルがあるようです。

悪質な勧誘はまだある?

最近では、無理な勧誘をするサロンは減ってきましたが、

まだ現在でも悪質な勧誘をするサロンもあるそうです。

例えば、高いコースをその場で契約を迫ってきたリ、

コースの入会を断った場合には、オリジナル化粧品などの購入を

次々と勧められたりといった内容です。

個室という逃げ場のない空間で、話を長引かせて

契約するまでなかなか帰してくれないなどと悪質性を感じます。

ヴァンベールでも、「無理な勧誘はしません」と記載ありますが、

多少なりとも勧誘がある場合があります。

そこで、無理な勧誘があった場合にでも、それに対応できるよう「心の準備」をしておけば、

検討したい場合に上手くかわすことが出来ると思います。

体験コースを受ける前にあらかじめ、体験の内容によって契約するのか、

他のサロンと比較検討するのかを決めておくと良いです。

勧誘の断り例

比較検討する考えを伝える

安い費用ではないので、比較検討したいうという考えが出るのは当たり前です。

ほかの、サロンでも複数体験してから比較検討したいという考えを伝えることです。

サロン側も、それを言われてしまうと引き下がるしかないと思います。

家に帰って相談したいと伝える

安い費用ではないので、一人で決めるのは「不安がある」というのが普通です。

主婦の方であれば、「旦那さん」、未婚であれば、「家族の方」に、

相談したいという考えを伝える事です。

一人で勝手に決めては旦那さんや家族に怒られてしまうことを伝えると良いです。

職業欄の記載

体験コースでは、カウンセリングを行っていきますが、

その際にアンケートや情報を記載します。

そこで、職業欄に「主婦」、「フリーター」、「無職」のいずれかを書くと良いです。

「会社員」と書くとお金があると思い、つよく勧誘を受ける可能性が高くなります。

お金がない、主導権がないというイメージを持たせた方が勧誘しずらいです。

時間が無いことを伝える

体験コースが終わった後に、次の予定が入っており時間がないことを伝えておくと、

時間が無いため勧誘を受けずらくなります。

まとめ

以前よりも少なくなりましたが、勧誘を行うサロンはまだまだ多いです。

とくに、未婚で会社員の方は、要注意です。

コース以外にも、化粧品など勧められることが多いです。

そして、ヴァンベールでも私の場合はありませんでしたが、

口コミでは多少なりとも勧誘はあるらしいです。

勧誘されても良いように、対応できるように心の準備だけはしておくと良いと思います。